毎日洗顔をしっかり行っているのに、鼻の横や頬などに「角栓」が出来やすいという方も、多いのではないでしょうか。
角栓は角質と皮脂が混ざって出来るもので、毛穴を塞いでしまい、場合によっては黒ずみになってしまいます。

角質と皮脂から出来るものなので、皮脂分泌が多い方が出来やすいというイメージがありますが、実は乾燥肌の方にも出来やすいのです。

乾燥肌になると皮膚は水分を失い、硬くなってしまいます。
こんな時、しっかり乾燥肌化粧品でケアしておかないと、
毛穴の伸縮性が無くなってしまい、洗顔をしても毛穴の中の皮脂や汚れ、角質を取り除く事が難しくなってしまうのです。
毛穴の中にずっと、皮脂や角質が残っている状態だと、角栓が出来やすい状態となります。

また、乾燥肌は肌のターンオーバーも乱れてしまうので、角質が溜まりやすいと言われています。
肌のターンオーバーとは、皮膚が新しく生まれ変わる作用の事です。
約28日の周期で古い角質は垢として剥がれ落ち、新しい皮膚へと生まれ変わっているのですが、このサイクルをターンオーバーと呼んでいます。

肌が乾燥してしまうと、ターンオーバーの周期が乱れやすくなってしまい、古い角質が肌に溜まった状態となります。
すると、毛穴に古い角質溜まりやすくなり、角栓も出来やすくなるのです。

Comments are closed.